様々なグラフ情報
  • ホーム
  • 綜研化学・サントリーホールディングスと仕手株

綜研化学・サントリーホールディングスと仕手株

サントリーホールディングスと綜研化学ではどちらが仕手株になりやすいのかというと、まず単純に上場していないサントリーホールディングスは仕手株の対象として選ばれるということはほぼありません。
また、子会社であるサントリー食品インターナショナルがありますが、これも仕手株として選ばれるということは考えづらいものがあり、その理由としては企業としての規模の大きさにあります。
時価総額が1兆半ばを超える大型銘柄だけあって、仕手筋といえども容易に株価を吊り上げることができませんから、仕手株の対象としては狙われにくいものとなっています。
それに比べて綜研化学に関しては時価総額も100億円程度しかないため、資金力のある仕手筋からすればサントリーホールディングスよりも、かなり株価操作を行いやすいので仕手筋に狙われる可能性というのは十分にあるものとなっています。
事実時折仕手筋が入ったかのような株価の動きを見せる銘柄であり、上昇しては下落をするということを繰り返していますが、綜研化学の場合には純粋なボロ株ではなく黒字経営が続いていることから、純粋に投資対象としても妙味のあるものとなっているので、本格的な仕手筋が介入してきづらい銘柄となっています。
業績がある程度安定していれば、株価が低迷したままということも少なく、株を買い集めようとすると株価が上昇してしまうことになることから、仕手筋としても本格的に仕手株にしづらい銘柄となっています。
そのため、サントリーホールディングスにしても綜研化学にしてもそれほど仕手株になるという危険性がある銘柄ではないので、仕手を心配する人は不可解な値動きをした時だけ避けて投資をすればリスクを抑えることが出来る銘柄となっています。